【釣行記】イナンバ遠征の釣り!関東でルアーキャスティングとジギングでマグロ、ヒラマサ、カンパチの大物を一緒に狙える夢の島!

イナンバ キハダHIT!ジギング

春は、伊豆大島〜御蔵島やイナンバ方面でキャスティングでキハダマグロがよく釣れて、同時にジギングで大型のカンパチやヒラマサが釣れるめちゃ熱のシーズンです。

関東〜静岡方面で、ルアーで大きい魚を釣ってみたい方は、高確率で出会える釣り場かと思いますので参考になれば嬉しいです。

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年はイナンバにチャレンジ!ルアーで大物を狙う!

いよいよ、キャスティングで大物が釣れるシーズンインですね、ワクワクが止まりません!

実はキャスティングも大好きでして、毎年相模原湾のキハダキャスティングや青森や函館に行ってクロマグロ狙いのキャスティングもやっております。

ここ数年は、4〜5月は御蔵島に行っていましたが、今年の御蔵島遠征は荒天で全て中止になってしまいました。なんとかイナンバ釣行は出船できましたので、釣行をレポートします。

しかし、今年は天気が悪いですね〜。

楽しみにしていた釣行が、ほとんど中止になりストレスたまります、今回の釣行も出船出来ましたか、強風で大荒れでした〜

ベット付きの船で、起きたらイナンバに到着

イナンバへの遠征は、南伊豆の忠兵衛丸さんの乗り合いで行っていきました。

今年からアブラボウズジギングでお世話になっておりますが、船内にベットが設置されていて、カーテン付き個室感覚でぐっすり寝て釣り場まで行けます!

イナンバのような遠征の釣りは、移動時間が長いので、ベットで眠ねれるのは嬉しいですね。

1時集合1時半出船、6時すぎにイナンバ到着です、4時間半ぐらいの船旅です。帰りは12時納竿で帰港が4時半ごろです。長いですね〜

釣り時間が6時間ぐらいです、もうちょいやりたなぁと言うところで納竿になりますので、集中して短時間勝負で気合い入れて頑張って下さい。

さすがに開始からバンバン釣れる

ぐっすり眠っていると、エンジン音が小さくなりを到着が近い知らせてくれます。

デッキに出てみると大海原に、ニョキっと大岩が現れる!見るからに切り立っていて天然漁礁きっと回遊魚がうようよ居そうな雰囲気である。

磯に乗ってみたいたなぁと見てみているとめちゃ切り立っている磯釣り出来たような記憶があるけどなぁ

到着とともに、皆さんジギングスタートしてるなかミヨシが釣り座の私はキャスティングでスタートしました。

ベテランのジギンガーの皆さんは、開始直後からバンバン掛けてます、キメジ、メダイ、アカマチ等がコンスタントに流すたびにHITします、さすがにイナンバ魚の多さが違う!いろんな魚種が釣れる!

しかし、この日はトップはやりづらい、よく出航できたなぁというぐらいの爆風が吹いており、しかも船の流し方がミヨシを風に立ててトモからポイントに入ってい良く流し方やん~~。

投げた瞬間から大きく横風でラインが膨らみラインスラッグが作りにくく動かしにくい。

最初は実績のカーペンター ガンマ180-60を投げていたが風の影響でうまく動かすことができない。

そうそうに見切りをつけて、ポッパーにチェンジ。CBONEのBAZOO180にチェンジするが反応なし、ダイビングペンシル的な動きも必要かと思い、シマノ オシア バブルディップ220F フレッシュブーストにチェンジ。重くするほど飛距離と風に手繰られないで操作しやすい。

 



ハチビキGET!

イナンバでスロージギング

みんながジグでバンバン釣っているなか、いまいちやりにくくて反応がないキャスティングはあきらめて、本日のもう一つのテーマのベイトスロージギングでお土産を確保したいと思ってジギングをやってみることに、ジグはゼスタのフレア250g。

スロージギングは、去年から本格的に始めておりド素人です。大昔にエバーグリーンのスローピッチジャーカーを買ってチャレンジしたのですが、フニャフニャでしゃくり感がなくよくわからないまま何度かやって触らなくなっていましたが、アブラボウズが釣りたくて急遽チャレンジ始めました。習得の順番がめちゃめちゃですね。W

右巻のベイトタックルも去年からですので、めちゃへたくそですが重たいジグが動かしやすいですね。

ロッドも張りがある、シマノ オシアジガーリミテッドのB61‐8を買って正解でした。ティップでポンと弾いてひょいって感じで動かせます。ダイレクト感が好きです。

動画の魚は、ハチビキのHITシーンです、ポンポンと子気味よくしゃくっているとガツガツ当たりました、一度ばれたのですが相当群れが大きかったのか、すぐに同じ当たりでHITしました。

ハチビキ イナンバにて

初めて釣ったので魚だったので嬉しかったです。赤い魚なの高級魚かもなんて思いならニマニマしています。この後船長に「アカマチ釣ってたね~」って言われたので、「やり~」と思っていたのですが、後日ハチビキと判明しました。捌いたら身が赤くて怪しいなぁと思ってたんですよね、でもめちゃ旨かったですよ~味が濃い!魚屋で見つけたら、ぜひ一度ご賞味をあまり高くはないみたいです。

 



トップにキター!そして…

みんなはバシバシ掛けていますが、へたくそなので後が続かず、やばいなぁと思い始めたことろに、トップに魚が出始めた!船長がナブラを発見し直行するも爆風向かい風で全くルアーが届かない。><

ここで持ってきた一番重たい カーペンター ガンマ γ90-200Lにチェンジ。

これが正解。よく飛んでよく潮になじむ。重さで風に引っ張られても若干耐えて姿勢が作れる、数投しているうちに、風が少し弱まるタイミングが到来、うまくラインスラッグが作れて気持ちよく動かせたタイミングでいきなり、キター!!!

右サイドから、全身出して大型のキハダマグロが襲い掛かってきた!HIT~と思ったが、すごい勢いで出たのになかなか持って行かない。その場でバシャバシャ暴れる系のヒット!こういう時はポロリンチョしやすい要注意、テンションが抜けないように巻を重視しフッキングを下がりつつ入れる、やっと下にもぐり始めたので、カウンターで追い合わせ。

ここまではノーミスと思いながら、安定して下に走り始めたのでロッドホルダーを意識した瞬間にフッと軽くなる….……またやってもうた。悪夢や最悪や天を仰いでみても、あの瞬間は戻ってこない…

イナンバでトップでキハダを誘いだしてHITに持ち込むも…

トップこれ一発のみで、この後はボイルもなくなり気配がなくなりました。

いつものことなのですが、この一発を必ずキャッチしなければいけませんね。大物の魚信は一日何度もありません。とほほ~

毎度のことですが凹みます。

 



ジグにもキター!またしても…

トップのピークは過ぎた感があったのですが、ジグはまだまだ釣れています。お隣さんが10㎏オーバーのキハダを上げて盛り上がってきた。船中ではジグで何発か切られる大型がHITしておりまだまだチャンス有りそう。一方私はジグではキメジ・キハダを掛けておらず、いまいちつかめず悩んでいました。

こんな時は聞いてみて、釣れた人のまねをするのが吉。

聞いてみるとジグは200~300gのヒラヒラフォールする物、色はシルバー系、しゃくり方はロングめのジャークでヒラヒラ落とす。こんな感じがマグロのヒットパターンのよう。

ともから入っているので、ミヨシは不利と思ったので早く落として、先に棚を探ろうと思ったのがですが、タックルボックスを見てみてると300gがほとんどない。><

迷った挙句、ディープライナーのスパイV 350g ゼブラグローをチョイス結果的には最も早く棚まで落とせて正解でした。

イナンバでジギングでHIT!

船長の指示する棚は120~70mとアナウンスがあったので深いほうから狙ってみる、120mまで落とすために、潮流やラインスラッグを考えて140mまで落としてしゃくりスタート、習ったことを守って、ヒラヒラフォールをイメージしてしゃくりあげてくると、ちょうど20m巻いたところでガツンとキターーー!!! これは十分な手応えフッキングを入れてこれからどのぐらい走るのか⁈と思った瞬間にフッと軽くなる ><

ああああ~またや~~、またやってもうた~

回収すると、丸のみされていたようで、リーダーが斜めにスパッと切れていた。とほほ~

この時のダブルヒットが、同船の方が釣り上げた35㎏のキハダマグロでした。

逃がした魚は大きいとは言いますが、同サイズの手ごたえだったけどなぁ ><

 



リーダーすっぱり
ジグ丸のみで瞬殺

この後は、私以外は何匹か掛けていましたが、私に魚信なく納竿となりました。

イナンバの近く水深100mライン カンパチのポイント

同船の方が釣った、35㎏キハダマグロ。おめでとうございます!

同船の方が、最後の100mラインで釣ったカンパチ12㎏!でかい!

キメジやトンボ 多数

 



まとめ

・キャスティング ミヨシでのキャスティングは横風対策を、重いルアー・長めの竿が有利  ルアーは120g以上も持って行ってもいいかも、竿は8フィート2インチ以上がおすすめ

・ジギング ラインを見て船長の指示の棚をしっかり狙う。キハダはヒラヒラフォールアクションで食いがよかった。底が取れる場所はカンパチ狙いのジギングをやってみよう

どちらも太めのタックルがおすすめです。けっこう切られてましたよ~~

お世話になった船

南伊豆 手石港 忠兵衛丸

最新釣果情報

忠兵衛丸の予約方法や詳細はこちらを確認ください。

タックルデータ

・キャスティングタックル

ロッド MCワークス EXPLOSION 836CTR “Full contact”

リール シマノ ステラSW 14000XG

ライン YGK フルドラグ 5号

リーダー バリバス 170lb

・ジギングタックル

シマノ オシアジガーリミテッド B61-8

リール スタジオオーシャンマーク BHL80hi

ライン サンライン シグロン8X 4号

リーダー デュエル パワーリーダー 18号少し細かったかも、次回は24号でチャレンジ

釣行データ

2021年 5月4日 小潮 爆風 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました