【釣行記】御蔵島遠征の釣り、海面炸裂キハダマグロがポッパー襲う!関東でルアーで大物が狙えるおすすめの釣り!

ジギング

関東から日帰りで行けて、ルアーで大物が釣れる御蔵島の釣りを紹介します。

この釣り場の魅力は、なんと言っても大型の魚が高確率で釣れることです、ここ数年毎年5〜6月に行っていますが、船中では全て10kgオーバーの魚が上がっています、私も2年前に38kgのキハダマグロを釣ることが出来ました。

今年も行って来ましたので、御蔵島ジグ&キャスティングゲームを紹介いたします。

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ!毎年行って毎年釣れる安定の御蔵島遠征

御蔵島は3年前から毎年5~6月に通うようになりました。きっかけは3年前のGWに近場でルアーで大物が狙える釣り物や釣り場がないかをネットで検索していると、御蔵島で大型魚を抱えている映像が飛び込んできました!

御蔵島は、フカセ釣りをする私からすると、昔 高橋哲也さんのビデオを擦り切れるほど見た憧れの釣り場でしたので、胸が高鳴りました。

船は、網代の森竜丸。この船は4年前に大島海域の釣りでキハダ大爆釣を経験したり、カツオの入れ食いに当たったり乗れば大体いい魚が釣れるお気に入りの船宿さんです。

早速予約を入れて、初めての御蔵島は、ラスト流しでキハダの跳ねを確認し、その直後にルアーを投げ入れた瞬間に、どっか~ん!と飛び出たのは38Kgの良型のキハダマグロでした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌年はカンパチをGETでき、相性もあるかもしれませんが何かしら釣れる気がするポイントです。

 



今年の釣行は、着くなりおびただしい鳥で大騒ぎ

今回の釣行は、到着した朝から、そこいら中にとんでもない量の鳥がいました。とにかく見たことない量で、はるかなたまで鳥が舞っていました。ただすごい量なのですが、固まっておらず魚の食い上げはありませんでした、とはいえこれだけの鳥がいると、気持ちは「絶対釣れる」と思っていました。

一投目は、アピールと大型狙いで、カーペンター ガンマ120を投げてみました、先々週に沖縄GTでメインで投げてノーバイトだったのですが、この日は一投目からHIT!ルアーがでっかいの期待したのですが、小型のシイラかカツオで直前でフックオフ。く~いきなり嫌な感じ、やっぱり大きいルアーに小さい魚はバレやすいですね~。

キハダマグロが全身を出してルアーを襲う!

今回、私の釣り座は右のトモで、キャスティングをやりたかったので前のほうが良かったのですが予約が遅くトモになってしまいました。しかし結果この場所が良かったようで、風下にキャストしやすかったです。

開始から風下に向けてキャストしていたのですが、数投したときにふっと島向きに魚の気配を感じ横風になってスラッグが作りにくいので、ポッパーを投げてみました。

これが大正解で、着水から2アクションぐらいで、突然、魚が飛び出て水面爆発!同時にドラグが鳴る!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@daikeeee7がシェアした投稿

出た!!!と思わず声を上げてしまう、完全に全身水面から飛び出してバイトしたので魚体が見えたのですがあんまり大きいとは言えないキハダであることは確認できました。

それでも、先日のイナンバのようにバラしたくないので慎重にやりとり、走りは直ぐに止まりました、設定ドラグは5kg。

ここから、こう着状態。あれ?見た感じあんまり大きくなかったけどなぁ〜と思いながら、この浮いてこなくて、魚を誘導出来ない感じはもしかしてスレ?っと思いながらも、ひょっとして魚が変わっていて、でっかいのんなら嬉しいなとか思って慎重にやりとり。

5分程度で浮いて来たのは、キハダマグロ!

小さくはないが大きくもない 笑 

案の定、スレ。何故だかキハダよくスレで掛かる今まで釣った魚の半分ぐらいがスレです。今回はシングルフックを使っていたのに、スレ掛かりはびっくりしました、変な運持ってるなぉと面白くなってくる。

港で測ったサイズは19kgでした。小さくはないが大きくもない微妙なサイズ。でも今年をキハダを釣る事が出来て、海と船長と同船の皆さんに感謝です。



ヒットルアーはポッパー、D-CLAW ビーコン180

ヒットルアーは、D-CLAW ビーコン180

このルアーは、入手難易度がめちゃくちゃ高くてやっと入手してはじめて使いました。

使ってみて人気の秘密が少し分かった気がします、いいなと思った特徴は

  1. よく飛ぶ
  2. ポッピング時に飛び出しにくい
  3. ポッピングのスプラッシュが大きくアピール大

帰ってお腹を捌いてみると15㎝ぐらいのイワシが2匹と、5cmぐらいのニロギ(高知の呼び名)が入ってました。

ルアーサイズかマッチザベイトだったかもしれないですね。

この時が地合いだったようで、お隣さんとダブルヒットだったのですが、隣の方も同じぐらいのサイズのデュエル まるまるでした。

私より少し大きく、24.5kgのキハダはこの日の最大魚でした。おめでとうございます!!

ルアーアクションは、ストップ長め

時間が進むと、だんだんと食いが悪くなって来ましたか、左トモの方のみバンバンとカツオを掛けている。何度か大型もバイトしてきたみたいだけど乗らず残念。

私のほうはさっぱりバイトがなくなったので何が違うのか観察して見ると、結構長めのステイを入れている。まねして2~3秒のステイを入れると確かにカツオがバイトしてきた、乗らなかったが確かにバイトを出すことができました。

終了間近に気が付いたので、じっくりやる時間がありませんでした。

 



ジギングの釣果は?

ジギングはどうだったかと言うと、私はカツオとキメジを一枚づつでした。

イナンバでの大型のHITイメージを持っていたのですが、ベイトタックルは練習中なので、海状況に合わせきることができなかったような印象で課題が残る日となりました。

というのは、この日は潮が重く後で船長に聞いたのですが、2.5ノットぐらい流れていたようです。こんな日は、スラッグを作ることが難しいと思うので、ハイピッチで切れよくしゃくったほうが良かったかもしれません。

スロージギング難しいです。YouTubeに出ている上手な方みたいにスムーズにしゃくれません、ぜんぜん修行が足りませんね。

御蔵島は納竿間際まで気が抜けません、最後の流しでジグにチャンスが来ました。確かトリプルヒットで、朝24㎏のマグロを釣った方に一番大きそうな魚がヒットしましたが、残念ながら後数メートルのところでバレてしまいました。

私にはラストチャンスは訪れず納竿となりました。

船長曰はく、潮の早すぎる日は青物が釣れないと言っていました。この日は結局ヒラマサ・カンパチは一本も釣れていませんでした、こんな日はどう攻略したらいいのか?ちょっと気になるキーワードだったので記載しておきます。

 



御蔵島遠征の魅力とは

森竜丸で行く御蔵島遠征の魅力は

  1. 多種の大型魚と高確率で出会える
  2. キャスティングとジギングを両方楽しめる
  3. 寝ている間に着いて、帰りも寝て帰れるので意外と体が楽

●多種の大型魚と高確率で出会える

御蔵島と言ったらイルカなのですが、釣りではキハダマグロですが、ヒラマサやカンパチの大型魚も狙えます、これまで同船者がジギングでヒラマサの21㎏を筆頭に10㎏オーバーは数本キャッチされました。カンパチも10㎏までのキャッチを見ていますので大型もいると思います。釣果情報を見ていても大体大型の魚が釣れていますので、近場に2~3回行くよりもずっと高確率かなと思います。

●キャスティングとジギングを両方楽しめる

御蔵島の釣りは、対象魚が多いのでキャスティングとジギングの両方の釣り方で多種の魚が狙えるのも面白いと思います。相模湾=キハダ・外房=ヒラマサなど大型魚をルアーで狙う釣りは対象魚や釣り方が限定されていることが多いのですが、その日いるいろんな魚をキャスティングとジギングを使分けてゲームを組み立てていく点も楽しさのポイントだと思います。

●寝ている間に着いて、帰りも寝て帰れるので意外と体が楽

網代港からAM1:00頃出船し、6:00頃御蔵島に到着します。その間船内のベットでぐっすり眠れます。目覚めると御蔵島の大自然が飛び込んできて気分爽快です!しかも釣れそうな気配ムンムンです、高ぶらないはずがありません。ちゃんと寝て釣りができるので納竿の13時まで眠くならずあっという間です。帰りもぐっすり寝て運転に臨めるので居眠り運転の心配がなく安全です。

お世話になった船

網代港 森竜丸

大型船でキャスティング・ジギングともにやりやすいです。船長がしっかり棚を指示してくれますので指示棚を狙ってください。

ジギングは底を取らない場合があるので、ラインのマーカーを見て指示される棚を狙ってください。船長から「水深●メートル」と指示あると底を取る釣りでヒラマサ・カンパチの確立が高いです。「●メートルから●メートル」という幅で指示が出たときは、底を取らず棚を狙ってください、キハダ・カツオなどが多いポイントです。

釣り座は、電話予約した順番に釣り座を決めれます。希望の場所で釣りをしたい場合は早めに予約を入れてください。

御蔵島遠征の場合は、予約人数分のベットが後ろと前で12名分用意されているので、ぐっすり眠れます。

釣行予定のカレンダーはこちら



タックルデータ

・キャスティングタックル

ロッド MCワークス EXPLOSION 865PLUS “Full contact”

リール シマノ ステラSW 14000XG

ライン YGK ブルースペシャル 5号

リーダー バリバス 170lb

・ジギングタックル

シマノ オシアジガーリミテッド B61-8

リール スタジオオーシャンマーク BHL80hi

ライン サンライン シグロン8X 4号

リーダー デュエル パワーリーダー 24号 太かったかな?

釣行データ

2021年 6月5日 長潮 爆風予報からの程よい風

満潮 01:19 14:10  干潮 07:59 19:30 

キハダが釣れたのは07:15

同様に大型魚がねらえるイナンバ釣行はこちら

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました